【仲介】売却の流れ

仲介でのご売却までの過程をステップごとにご説明します

《STEP1》 売却のご相談

flow_step1売却に要する費用や、販売開始時期のタイミングなど、お客様のご要望に応じた売却方法をご一緒に考えさせていただきます。
相続・税金・法律についても、専門家のアドバイスを聞きながら、売却についてお考えいただけます。

《STEP2》 物件の現地調査

flow_step2不動産売却は、価格の査定から始まります。現地調査で物件の長所・短所を把握するほか、周辺の売り物件状況などから、現時点での需要と供給のバランスまで詳しく調査し、適正な販売価格を査定いたします。
相談・査定はもちろん無料です。まずは建物内部の状況を考慮しない『簡易査定』で概算価格を見てから判断してただいてもOKです!

《STEP3》 査定価格の報告

flow_step3調査から算出した適正な売却価格を提示いたします。物件の特徴や、周辺物件(競合物件)の情報、過去の取引情報など、調査によって把握した情報を基に資料を作成し、最適な販売計画をご提案いたします。

《STEP4》 媒介契約の締結

flow_step4当社に売却活動をご依頼いただく場合、『媒介契約』を交わさせていただきます。
媒介契約には、「専属専任媒介」・「専任媒介」・「一般媒介」の3種類の形態があります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、それぞれの違いを把握していただき、内容を比較した上で契約を締結いたします。

《STEP5》 販売活動・活動報告

flow_step5インターネットやチラシなどの様々な媒体に売却不動産広告を掲載して、購入相手の発見に向けて販売促進活動を行います。
プリズムでは、「スーモ」「LIFULL HOMES」「YAHOO!不動産」などの大手不動産ポータルサイトのほか、その他多数の不動産サイトに物件広告を掲載します。
また、周辺地域へのチラシポスティングなども積極的に行い、幅広い広告で、購入希望者にアピールします。

《STEP6》 売買契約の締結

販売活動によって見つかった購入希望者様と売主様の間で、条件等の合意に至った場合、売買契約手続きを行います。

・売買契約の際にかかる費用の一例
  • 収入印紙代/2千円~2万円程度
    不動産売買契約書に貼付。売買金額によって印紙代が異なります。
  • 境界確定費/20~30万年程度
    隣地との境界が不明で、土地家屋調査士に境界確定を依頼した場合の費用

《STEP7》 決済と引渡し

売買代金の受領と引き換えに、買主様へ不動産の引渡しを行います。売主様は、必要書類(権利書など)の交付を行い、買主様に対して物件の鍵などを渡します。
決済時に、当社への成功報酬として仲介手数料をお支払いいただきます。仲介手数料は、売買代金から捻出ができますので、持ち出し費用などで家計を圧迫することがありません。

仲介手数料

売買価格 × 3% + 6万円 +消費税
※売買価格が400万円未満の場合は料率が異なります。

・その他、場合によってかかる費用
  • 住所変更登記費用/1~2万円程度
    登記上の所有者住所が実際の所有者住所と食い違う場合に、司法書士に変更登記を依頼した場合の費用と印紙代
  • 抵当権抹消登記費用/2~3万円程度
    土地建物に抵当が付いていた場合に、司法書士に抹消登記を依頼した場合の費用と印紙代
  • 境界確定費/20~30万年程度
    隣地との境界が不明で、土地家屋調査士に境界確定を依頼した場合の費用
  • 引越し費用/数万円~数十万円
    引越しにかかる費用

※物件の状況によっては、その他の諸経費(本人確認手続きや不用品処分費・測量費用)が別途発生する場合もあります。

ご案内中の売買物件はこちら

競売回避!任意売却のご案内はこちら

相続物件の売却・利活用について

イクラ不動産